WordPressで広告を任意に設置するプラグイン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

WordPressでアフィリエイトを、記事だけに設置して、固定ページ内には設置したくない、もしくはその逆とか任意に設置を指定出来るプラグイン、Widget Logicを記事にしたいと思います。

  Widget Logic

  プラグイン説明

  1. ウィジェットに設置した広告へ条件を設定でき、条件指定で表示・非表示にできる。
  2. 条件を分岐させる事も可能で、表示条件を細かく設定できる。
  3. 投稿、固定ページのどちらでも利用できる。

  導入動機

このプラグインを入れる事にしたのは、固定ページのプライバシーポシリーと、お問い合わせページの広告を非表示にしたかったからです。

プライバシーポシリー内に広告が設置されているのは芳しくないとの事だったので、このプラグインの出番となりました。

  インストールは

プラグイン → 新規追加 → Widget Logic で検索してインストールして下さい。

プラグイン公式サイト wordpress.org icon-external-link からダウンロードしてFFFTP経由してインストール。

  使い方

インストールすると、ウィジェットの広告に Widget logic: の欄が追加されます。

Widget Logic

その欄へ、指定したい条件のタグを入力するだけで機能します。

  条件タグ一覧

だけに表示させたい場合

トップページ is_home()
投稿記事 is_single()
カテゴリ is_category()
固定ページ is_page()
 モバイル wp_is_mobile()

には表示させない場合(上記の頭に ! を付加するだけです。)

トップページ !is_home()
投稿記事 !is_single()
カテゴリ !is_category()
固定ページ !is_page()
 モバイル !wp_is_mobile()

ページIDの数字を指定する場合。

ページID指定 is_single( ’17’ )
複数ページID指定 is_single( array( 17, 19, 1, 11))

  結論

ここがポイントロゴ

icon-check-square-o 固定ページに表示される、パソコン用広告ウィジェット、336×280 モバイル用、300×250 へ、!is_page() を入力すれば固定ページから広告を消せます。

icon-check-square-o ビッグバナーを設置している場合は、728×90 へも入力すれば大丈夫です。

以上、『WordPressで広告を任意に設置するプラグイン。』の記事でした。

ご視聴ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする


スポンサーリンク

トップへ戻る