業務に役立つExcelファイル会計年度計算の関数式。DL付。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

業務に役立つExcelのファイリングで会計年度計算の関数式です。

DLファイル付きです。

   Excel会計年度

データの抽出に役立つ、会計年度の計算式を日付列をもとに求めます。

   Excelファイルサンプル

会計年度サンプル

ここがポイントロゴ

 icon-check-square-o 黄色に網掛けをしていない、A列が書式設定の日付で手入力されている列です。

  1. その日付列をもとに、
  2. B列からE列まで計算式が入っている列を4列加えて、
  3. E列で年期をもとめています。

では、それぞれの計算式を説明します。

   B列計算式

A列の日付から年のみ分離抽出しています。

   C列計算式

A列の日付から月のみ分離抽出しています。

   D列計算式

C列の日付から、上期か下期かを判定しています。

   E列計算式

ここで、B、C、D列の会計年度を求めつつ、CONCATENATE関数で、結合して完成させています。

   ダウンロードファイル

ダウンロードExcelファイル icon-download

“Excelファイル会計年度計算サンプル” をダウンロード Fiscalyear.xlsx – 40 回のダウンロード – 10 KB

  • ご自身で使用されているファイルへご使用されるならばB列からE列までの計算式だけをコピペして使用して下さい。
  • もちろんダウンロードして頂いたファイルのデータベースシートもそのままご利用になれますので、ご活用下さい。

   さいごに

日付をもとに計算式をドラッグして式を下までの全行コピーしてしまえば、あっという間に会計年度がもとめられ、会計年度をもとにしたフィルタを使った抽出や、ピボットテーブルの条件列に使ったり、利便性は多岐にわたるかと思います。

是非、日頃の業務にお役立て頂ければ幸いです。

以上、業務に役立つExcelファイル会計年度計算の関数式。DL付。でした。

ご視聴ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする


スポンサーリンク

トップへ戻る